焙煎

お茶を乾燥させる過程です。

その目的は水分を蒸発させ、お茶の色と形をきれいにし、さらに香りと味が引き立つためにあります。一般は紅茶は炒めて乾燥し、緑茶の場合は炒めるか、焼くかで乾燥させます。

また、烏龍茶と紅茶にとって、焙煎は精製の最後のプロセスであり、それにより含水率を2%までに下げ、お茶の香りを向上させます。

毛茶の水分含有量が高く、長期の貯蔵に耐えられないため、電気の熱か炭火で乾燥させれば、水分含有量を低くし、発酵の進行を抑えることができます。

焙煎によりお茶の渋みを甘さに変えます。胃への刺激も比較的に少ないので焙煎茶は胃の弱い方にもお勧めです。