お茶の淹れ方

お茶を飲む習慣は唐朝から文学圏の中で専門的な技芸と学問として重視され、茶道、あるいは茶芸までの発展を遂げました。

お茶は一般人の生活にも浸透している今日、お茶を飲むことが生活の一部になっています。ここでは、おうちでも簡単にお茶を淹れる方法を紹介し、お茶をより普及させていきたいと思っています。

お茶の風味を影響する要因は

変えられない要因:お茶の品質(お茶の種類、ランク、焙煎の火加減、保存時間と保存方法など)お湯を注ぐ前に変えられない条件を指します。

変えられる要因:

水質:純水、泉水、水道水などにそれぞれ含まれたミネラル成分が異なるので、淹れたお茶の風味も変わってきます。ミネラル物質がカテキンに反応すると違う風味が生まれるからです。

温度:お湯の温度やお湯を注ぐときに茶葉との間の距離で味が決まります。

茶葉の分量:茶壷にいれた茶葉の分量によってお茶の風味も変わります。

お茶を飲むときの気分:その時の気分と周りの環境も味への判断に影響します。

まず、基本的な淹れ方を簡単に紹介します。そして、茶種によって淹れ方の違いも紹介します。

水:お茶をいれるのに適した水はミネラル分の少ない軟水です。こだわりのある方は泉水や蒸留水を使用します。もし水道水を使用する場合、塩素が含まれているため、前もって前日にろ過しておき、沸騰させてから使いましょう。緑茶を除き、お茶をいれる時にお湯の温度は95∘C以下にならないように注意しましょう。

茶器:一般には陶器を使用します。必ずよく洗ってから使用しましょう。先に沸騰させたお湯で茶器の中を温めてから茶葉を入れると、お茶の風味をよりはやく引き出せます。

基本的なお茶の淹れ方:茶葉と水の量の目安は、茶葉3gに150c.c.のお湯を注ぎ、五分蒸らしてから飲みます。

球状茶:外形が締まっていて、丸い形をする凍頂烏龍茶や鉄観音などが挙げられます。分量は茶器の1/4~1/3が目安です。

条形茶:ふわっとした外形で、文山包種茶や奇種烏龍茶などがあげられます。分量は茶器の1/2~3/5が目安です。


簡単に

マグカップ

茶:水 =1g:80c.c.

1. お湯:10-15 分

2. 冷水:冷蔵庫 8-10 時間


伝統

 Tradition brewing tea method chart

Tradition brewing tea method chart